massage-スタッフブログ

寝違い

タイ焼きの寝違い

こんにちは、瀬戸のお客様

ほぐしやさん犬山店の遠藤です。

最近はコロナ関係のニュースばかりで暗い内容ばかりです。

感染への恐怖・外出自粛 仕事減少の不安・ストレス溜まります。早くこの危機をのり超え元の生活に戻りたいです。

最近、寝違えなった事ありますか。

久しぶりでビックリしました。寝違えで首が全く動かないです(゚Д゚;)

こんな経験みなさんもあると思います。

今回は寝違いの事を少し話して行きたいと思います。

【寝違えの原因】

寝違えは、軽度の筋肉の肉離れ

長時間、首が変な方向に曲がったままになっていると、首の筋肉部分が阻血状態になる。筋肉がコリ固まりやすくなりその様な状態で寝起き時に急に頭・首を動かすと、寝ちがえが発生するのです。

運動をする時、ストレッチをやらずにいきなり激しい運動をしたら筋肉を傷めてしまいます。それと同じで、睡眠中にコリ固まった筋肉をいきなり動かすと、軽度の肉離れが起きるのです。寝違えは、寝ているときに生じるわけではない。寝違えの原因は睡眠中に作られますが、寝違えの炎症が発生するのは寝起き時なのです。

【寝ちがえにも種類がある】

寝違えのなかには、神経痛捻挫もある

末梢神経が圧迫される事で、痛みや痺れ・麻痺が出るのが神経痛。不自然な姿勢で寝ていた事で頸椎周りの神経が圧迫され、神経痛になる事がある。首・肩・腕・手指に痛みや痺れがある場合は、神経痛の場合がある。

捻挫の場合

捻挫とは、関節の靭帯や腱・軟骨などが傷つく怪我の事。

寝違えの後にやっていい事・ダメな事

寝違えた直後のやるべき事

寝起き時、寝違えたと思ったら、首を動かさない事。

痛みの直後、熱を持っている場合は、消炎鎮痛成分が入っている冷湿布を貼るのがオススメ。1時間程がいいです。

寝違えた直後やってはダメな事

寝違えの際 動作確認、首を左右前後、手で触って動かすのは良くないです。寝違えは炎症です。つまり怪我です。動かさない・触らない様にする。痛みを治そうと、首のストレッチをしたり揉んだりするのはNG。

また、アイスパックを使って長時間冷やすのはNG。 アイシングをすると、一時的な鎮痛効果はあるが、筋肉の血流が悪くする為、損傷部分の回復が遅くなる。筋肉ではなく靭帯や神経を傷めている場合は、炎症が首の深い部分にあるから、冷やしても効果はない。

炎症を起こした直後は温めるのは良くない。熱を持っている為、温めると炎症を長引かせる事があります。温湿布・カイロを使って温める、お風呂に入るは避けたほうがいい。

【寝違えが治るまでの日数】

■寝違えによる筋肉炎症 筋膜部分4日~1週間

■寝違えによる筋肉炎症 筋肉中心部分 3日~5日

■寝違えによる神経痛 2日~3日

■寝違えによる捻挫 1週間~2週間

寝違えを早く治すには

寝違え後は安静にすること

寝違え後、痛みが和らいで来たら、血流を良くすること。

筋肉温める・ストレッチ・マッサージなど

【寝違えにならない為には】

■酔ったまま寝ない 血流の低下・感覚が鈍くなり寝返り回数が減る

■就寝環境の改善必要 (寝返り出来る様なマットレス)

■首に負担のかからない枕 

■寒い所で寝る (血流が悪くなる・筋肉の硬直)

寝違えは安静にしていれば自然に治ります

寝違えた時は正しいやり方で対処して下さい。

お話が長くなりましたが、このあたりで失礼します。

PAGE TOP