マッサージの歴史

『ウィキペディア(Wikipedia)』

歴史[編集]

マッサージはヨーロッパ発祥の手技療法

マッサージはギリシャ語のマッシー(揉む)、ラテン語の手、アラビア語のマス(押す)、ヘブライ語の触るが語源とされる。

古代ギリシャの医師であったヒポクラテスは医学を志す者に対してマッサージ技術の習得を奨励していた[1]

16世紀後期、フランスの医師である、アンブロワーズ・パレがマッサージの効能や必要性、医療術を研究し、フランス中にマッサージの効力を強く、主張するに至った。この主張によって、マッサージ療法は、医療法としてだんだん見直されるようになり、医療として広まっていった。

18世紀~19世紀頃になると、スウェーデンパー・ヘンリック・リンが治療体操を用いてマッサージについても研究をし、スウェーデンマッサージの基礎を作り上げる。これをもとにマッサージはオランダドイツフランスポルトガルなど、欧州に広まっていった。

その後、マッサージ医療が医療術の一つとして現在に至っている。

これを目にしたほぐしやさん

上記ウィキペディアからなのですが、医師が医学を志す者に対して進めていたとは少し驚きです。

私の経験として刺激を加えた結果、痛みが和らいだ:痛みが無くなった:よく眠れるようになった。などと薬でも解消できなかった症状が楽になる事はあります。

そう考えれば薬の少ない時代なら当然マッサージを医師が勉強するのも納得。

現代社会ではあまり受け入れられていない気もします。マッサージが。

一例ではありますが、昔と違い多くの手技療法があり、他の手技療法を非難する臨床家も少なくありません。

私は他の手技療法を非難するのは?微妙ですね。

話を元に戻して、マッサージの歴史からギリシャ語である事に気づく。

また多くの病気や愁訴が血行不良が原因と気づく令和1年。

PAGE TOP